中小企業の節税対策に強いおすすめ税理士に無料相談

MENU

中小企業の節税対策に強い税理士に相談が無料で出来ます

 

中小企業の節税無料相談

 

中小企業・自営業者では勤め人に比べて、徴収される税金の納付について多彩な側面で良いです。個人事業者は税金などの方面で有利であると普通には思われています。ところが、中小企業・自営業者は節税対応を充分活用しない限り、会社員と比較して納税においてメリットがあるというのは嘘です。

 

 

<所得の考案>

勤め人は会社が月給を詳細に受け取られていますので、稼ぎを分からなくすることは出来そうにありませんが、中小企業・自営業の際はいかがでしょうか?

 

不正で所得を隠ぺいとすれば、所得を減額することが可能ですが、こういうことまでして稼ぎを減らしをしている人は少数に過ぎません

 

言うまでもなく、税務所が調査をすれば、道理に合わないことが、あれやこれや異議を唱えられ、所得の隠ぺいが暴露され噂話になる可能性はあります。それに、現在では、売上金の全てが銀行の口座に入金されますので、所得のごまかしは容易にはいかないです。

 

 

<経費について>

中小企業・自営業の折の各経費は、本当の所、事業に使った分しか不可欠なコストに算入されません

 

それに、どれ程まで経費に含めて適切なのかどうか、しっかり認識されていないため、経費として計上すれば節税の狙いどころなのに、にっちもさっちも行かず利益としてしまっていることがあるのです。

 

例を挙げると、オフィスの経費として、家賃、光熱費、電話などの通信費等は経費となりますので、自分の家で働いている場合も、作業をしている部屋や、そこの部分は職場としてその家賃や光熱費などを経費として数値を出す必要があります。

 

一日の中で仕事でいる時間が多いのであれば、光熱費のほとんどは業務で使われているはずです。

 

加えて、使い捨てなどの消耗品費は、文房具、コピー用紙、インク代、パソコン関連消耗費、通信費等も経費となります。

 

道具などの、什器備品としては、設備として購入を行った、車、パソコン、ソフト代、など含まれます。

 

電車代などの交通費としては、動く場合に大切な交通費すべてが入りますので、電車、バス、タクシー、航空チケット、駐車場代などが含まれます。

 

交際費としては、接待費、会議費などが入りますので、さまざまな行動に伴う費用が経費として計算して出せるかしっかり考慮する必要が不可欠です。

 

 

<退職金>

退職に際して支給される金銭を中小企業・自営業者は根本的なの経費とすることも行えないため、税制上優遇を受けられないのですが、「小規模企業共済」を運用することで、退職に際して出される金銭と同じ考え方で節税をすることが可能です。

 

それのメリットとしては、掛金を払う時に節税が出来るということと、仕事を閉めたり、自分の子供に自業を譲渡する際に、共済金を退職金として受け取る時にも節税効果がございます。

 

掛金を払う際には全体の金額が所得控除の対象となります。
一方、共済金をまとめて受け取る場合には退職所得扱いになり節税効果が可能です。

 

なお、分割で得る場合には公的年金等の雑所得扱いとなり、貰う際も退職所得控除などの特長があります。しかし、こういった小規模企業共済の特長を応用するには、20年以上継続的に行うことが必要ですので、長期的視点での節税対策として心づもりをする事が必須になります。

 

 

中小企業、中小企業・自営業にとっての節税対策は取引に携わる既存の税理士さんに依頼するのが最も良いのですが、税理士によっては税務署側の提案しかしなかったり、厳しいことばかりで節税の方法を教えてくれない方も多くいます。併せて費用も一般的な金額より高く申し出る税理士事務所もあるので、節税の対応や相談は色々な税理士に相談にのってもらいましょう。

 

 

良い税理士の見分け方ポイント

 

中小企業の経営者にとっては経理や財務に関する処理を行うことは手間をかけることが必要な業務です。自分一人では処理できない時や節税対策したい時は税理士に相談するのが一番確実な手段です。しかしながら税理士事務所というのはかなり沢山のかずがありますし、料金体系も違うためどこにするべきか決めかねているかもしれません。

 

また、私達や中小企業の節税のために何も考えず、税務署に指示されている程度のことしかできない税理士も大勢います。そこで、今回は実際に税理士を決めるときに注意すべきことはどのような点なのか、そのポイントとなることについて参考にしていただけるようなことをご紹介したいと思います。

 

 

<大事なポイント事項について>

 

中小企業の節税無料相談

 

税理士は企業のなかでの経理的な処理にとどまらず、経営そのものを無駄を省き健全な運営ができるよう助けてもらう際のおおいに頼ることができる存在なのです。中小企業にとって最も適切な税理士を探そうとする場合に、まっ先に考慮していくべきポイントは今後取引をしていくのに自分との相性はどうかということでしょう。

 

専門家として期待する十分な知識が求められますが、同じ目標に到達するためのビジネスパートナーとしてあとで問題が起きないようお互いの信頼関係を築くことは大切なことです。なので新しく顧問の税理士を決める場合はぜひとも会計事務所を訪ねて税理士に実際に会って話してみることです

 

また、二番目に挙げられるポイントは、難しい内容であっても経営者に対しわかりやすくまた、面倒がらず説明をおこなってくれるか、ということになるでしょう。

 

経理というものはそもそも大変専門的知識が求められることであり、中小企業の経営者のなかには、経理に関することは詳しい知識はないという人も多いのではないかと思います。

 

どのような状況でも相手が専門的な事柄はわかっていないという前提をもとに理解できるようにちゃんと説明してくれる税理士になら安心して依頼できるはずです。

 

そして必要なときいつでも連絡がとれる体制であること税務署より経営者側の実状を把握しつつ理解を示してくれるかなども大変重要なポイントとなるでしょう。

 

税理士を費用だけで考えて決めてしまうのはやめましょう。中小企業の場合はことさらいえることですが税理士にどれ程の能力があるかによって経営にも多大な影響を及ぼすことになってしまいますから。

 

 

<どのように探すのがいいか?>

 

中小企業の節税無料相談

 

これから税理士を探して依頼しようと思う場合に、同じ中小企業の経営者仲間から適当な人を紹介される時もあることと思います。そして仕事の上で取引のある金融機関とか生命保険会社などにも税理士の紹介を受けるケースもあるので、必要が生じて実際探す必要がある時には、その手段はいろいろとあるものです。

 

紹介を受ける際の注意点は、ある人とは相性がすごく良いからといっても必ずしも自分にも利益につながるような税理士とはならないことも十分あり得ます。さらに友達などから紹介されて契約をした場合、満足できない時でもせっかくの紹介を断りづらいとうことも少し面倒な気がします。

 

そこで活用をお勧めしたいのがインターネットの無料のサイトです。全国多くの税理士について豊富な情報を無料で紹介しているサイトが近頃はとても話題です。第三者が仲介を行うために偏見もなく自分の希望に沿った税理士を見つけることができます

 

直接自分で探す時にはこんなことまで税理士に聞けるのかと迷うような内容の質問もいくつかあるかもしれませんが、紹介サイトから問い合わせするならどのような節税をしたいのかなどいろいろな希望を自由に伝えられますし、数多くの選択肢があるというのもいいところです。

 

下記のサイトがおすすめする税理士を紹介してくれるサイトです。また、中小企業の経営者の頼りがいのある見方となってくれる実績のある税理士事務所をとりあげたいと思いますので、一回コンタクトを取り相談してみてほしいと思います。

 

 

税理士に相談すべきことは事前に準備しましょう

 

税理士に相談をするべきこと 創業して事業を開始すると、お役所とのいろいろと付き合うことが多くなります。その中でも税務署とうまく付き合うにはどうするとよいか、多少の不安を覚えている経営者も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

こういう場面で、頼りになる存在が税金のスペシャリストとして活動する、税理士になります。中小企業の経営者がどんな場合に税理士に相談すべきか、解説していきます。

 

 

税理士の主たる仕事
 

 

中小企業の節税無料相談

 

税理士というのは、税理士法で定められた国家資格となります。税に関する事務的な業務を行うスペシャリストです。主な仕事は、代理として税金の申告や申請を行い、税務手続きに必要な書類の作成や税務の相談、さらには、税の不服審査手続き、税務調査の立会い、などがあります。

 

税理士が行政書士にも登録を行えば行政書士としての仕事も行えますし、「租税債務の確定に必要な事務」の範囲内のものであれば社会保険労務士としての業務にも対応できます。事業を開始する際には援助してもらいましょう。

 

 

・起業前
 

開業前には開業事業計画書の作成が必要なので適切な提案を受ける事はとても大切です。まず第一として自分の会社を始めは個人事業としての方がよいのか、それとも会社でも大丈夫か、そして株式会社にするのかそれとも合同会社にするのかなどを相談できるでしょう。

 

同時に、起業にかかってくる費用や、どれ程の金額なら適正な役員報酬といえるのかなどの重要なことはぜひ相談しましょう。業務や形態が需給要件に合えば国からの補助金や助成金というものが出るということも期待できるのですが、それが使えるかどうかについても判断して、申請に必要となってくる書類についてもきちんと作成してくれます。

 

会社設立の際は、できるだけ行政書士の登録がされている税理士を選んで相談するようにしましょう。そうすると、会社法に則った定款の作成とか公証人役場での認証手続きなども一緒におこなってもらえます。

 

 

・起業の初期

事業が順調に起動に乗ってきたら、経費について考慮していくことが必要になります。経費に関しては細かなきまりがあるため、「どういう場合にどの程度まで経費としての扱いになるか」などについて、判断が難しいことも多々あります。経費の上限などを、税理士に確認してくことです。そして、役員報酬の設定金額によって、最終的にどれ程の税金が掛かってくるのかきちんと計算してくれます。

 

 

起業してからも税理士を活用 

 

中小企業の節税無料相談

 

資産導入について資産にも細かいきまりがあるので知っておく必要があります。資産別に“耐用年数”や“減価償却方法”などが異なりますので、判断がつかないときには相談するのが賢明です。資産には期限付での特例処置があるケースも多いですから、資産導入の際には前もって相談するのがよいでしょう。

 

 

決算時について 

 

税理士は、決算書とか税務申告書などの作成も引き受けてくれます。近頃はパソコンの経理のソフトを使用して自分で処理したいと思う経営者もいるようですが、難しいような場合には税理士に依頼することにしましょう。毎日帳簿に計上する取引はそのたびに自分で記載しておき、決算書と税務申告書についてだけ税理士に頼むことにする人もいることでしょう。 

 

税理士は経理の分野での専門家なので喜んで助けてくれます。長年営業職だったり技術には自信があっても経理のことはサッパリだという経営者は、あらかじめ機会をつくって正しい経理の処理方法やどうしたら効率化できるのかを税理士に相談してみることも大切なことです。

 

相続税対策についての相談 中小企業などの法人だけではなく、一個人という立場でも税理士を活用し相談した方が良いことがあります。

 

サラリーマンなどが会社の給与所得の他に収入がある時の確定申告もそうですし、重要な影響が出てくるのが、相続税です。やはり相続と聞くと弁護士に相談しようと思うでしょうが、相続税の節税対策に関することは税理士は特に色々なとても役に立つ知識を持っているので節税につながる意外な対策法が見つけられるはずですので一度相談してみましょう。